ストーリー

季節はずれの台風に身を隠し、謎の妖怪皇帝がやって来た。台風自体も普通の暴風雨ではなく、その正体はあらゆる不可思議な存在を現実化してしまう怪気象だった。鬼太郎は避難を呼びかけるが、誰一人として相手にする者はないまま、怪気象はついに東京に上陸。次々に襲いかかってくる妖怪の群れに、人々はパニックに陥って逃げまどう。ユメコと共に地下鉄に身を隠したねずみ男は、カロリーヌという女の子を助ける。彼女は妖怪皇帝の腹心であるぐわごぜと何か関係があるようだが、ねずみ男はそんなことには気付くこともなく、いつしかカロリーヌのことが好きになってしまう。その頃、鬼太郎たちも何とか怪気象から逃れて安堵のため息をついていた。ところがテレビをつけると画面に妖怪皇帝が現れ、日本を自らの支配のもと妖怪天国にすると宣言する!

解説

「ゲゲゲの鬼太郎」の劇場版第四作。今回の敵は、日本を妖怪天国にしようと乗り込んできた謎の妖怪皇帝だ。原作の水木しげる先生がスクリーンに登場するなど、大迫力のバトルに意外性を盛り込んだ見所満載の物語。何より注目して欲しいのは、ねずみ男と美少女カロリーヌの心の交流だ。いつにない彼の優しさに、思わず暖かい拍手を送りたくなってしまう。

(C)水木プロ・東映アニメーション

ストーリー
エピソード
キャラクター/
キャスト
スタッフ
主題歌/
挿入歌
リンク
作品トップ
PAGE TOP