ストーリー

甲子園で完全試合を達成した、高校球界のヒーロー堂島剛は、プロ野球には進まず、山奥の猪猿村で、高校の野球部のコーチになった。

実は、契約金をつりあげる自分の父親の態度を嫌い、腕を傷つけて、自ら野球生命を絶っていたのだ。だが、その猪猿村の高校は、生徒数もわずかで、ダムの工事関係者と農村の子弟が入り混じった寂れた高校。教師も岩城校長とその孫娘の千恵子しか居ない。

かつてのスポットライトとは程遠い世界にも思われたが…。純真な生徒に感心したかと思えば、商魂たくましくハングリー精神に溢れた生徒にかきまわされたり、やる気のない少年の隠れた才能を見出したり…。野球というスポーツを通じて、様々な生徒たちのエネルギーを一つに束ねることに生きがいを見出した堂島コーチの悪戦苦闘の日々がはじまる。

野球部に所属することになったのは、ナイフ投げの名手網走、軽業師のモンキー、怪力自慢のザイモク、オケラとコケラの兄弟、頭脳派の大学、ド根性野郎のダニ、モンペ少女の花子と大根、嫌われ者のコウモリのわずか10人。

そうした生徒たちの人間臭い人柄と、それを取り巻く人々との人間ドラマ。加えて、野球における彼らのド肝を抜くような活躍。生命力溢れるアパッチ野球軍のパワーが、ブラウン管狭しと暴れまくる。

解説

「どてらい男(やつ)」や「あかんたれ」などの、商人根性ドラマで有名な花登筐が原作。昭和46年から昭和47年にかけて放映された。このアニメは花登筐が直に主題歌の作詞を手掛け、1話から26話の全話の脚本を塩谷卓司と二人だけで担当したという、野球アニメでは異色中の異色の作品となっている。キャラクターデザインと作画を担当したのは森下圭介で、作品の内容に合った荒い線が印象的だ。どういう野球アニメかというと、山奥にある過疎の村「猪猿村」で、その村にある高校の野球部でコーチをする事になった主人公「堂島剛」。野球にはまったく無知で強烈な個性を持つ生徒達を相手に、甲子園常連校を打ち破るまでに成長させるという、一見普通のスポ根ものである。しかし、将来有望の高校野球のエースであった主人公が、契約金のつりあげを狙う父親の態度を嫌に思うが為に自ら腕を傷付け野球生命を断ったり、いつも血みどろになるほどの試合や練習を行い、その中で描かれるドラマには凄いものがある。マウンドから投げたボールを、自分でバッターボックスから打ち、さらにそれを自分でホームベースでキャッチするという超人技の〝一人野球〟でさえ、このアニメでは描かれた。また、個性豊かな野球部員達は、性格だけに止まらずその名前もすごい。キコリの子供の「ザイモク」、頭脳派の「ダイガク」、ド根性野郎の「ダニ」、他にも「網走」や「ダイコン」や「コウモリ」など、インパクトがある。主題歌もまたインパクトがあり、「おれたちゃ裸がユニフォーム」と聞けば、分かる人もいるだろう。なお原作は、「堂島剛」が高校のエースとなり、甲子園で優勝するまでを描いた『エースの条件』があり、その第2部として『アパッチ野球軍』が「少年キング」にて連載されていた。

(C)花戸筐・梅本さちお・東映アニメーション

ストーリー
エピソード
キャラクター/
キャスト
スタッフ
主題歌/
挿入歌
リンク
作品トップ
PAGE TOP