スイートプリキュア♪

TV 番組

第 37 話ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!.

2011/10/30放送
脚本:伊藤睦美 演出:土田豊 作画:伊藤智子 美術:西田渚/渡部葉

アコとアフロディテと心を通わせたメフィスト。そんなメフィストに代わってファルセットがトリオ・ザ・マイナーのリーダーとなり、悪の支配者ノイズの復活に向けて不幸のメロディを完成をもくろむ。一方、ノイズについて音吉から詳しく話を聞く響たち。全ての音を憎むノイズは人間界も、メイジャーランドも全て音楽のない世界にしようとたくらんでいたが、一度は音吉によって封印されていた。しかし徐々に力を取り戻し、今再び完全なる復活をしようとメフィストを操っていたのだった。音吉はそんなノイズに対抗しようと聖なる音を奏でるパイプオルガンを作っていた。
すると音吉や響たちの前にメイジャーランドの国王に戻ったメフィストとアフロディテの姿が映し出される。すっかり悪の心が抜け、メイジャーランドの国王らしく堂々とした様子のメフィストを見て喜ぶアコ。メフィストはアコにメイジャーランドに戻るように言うが、アコはプリキュアとして人間界に残ると言う。観念したメフィストは響、奏、エレンにこれまでのことをわびると共に、アコをお願いしますと頭を下げるのだった。ノイズの復活が迫る中、加音町では明日行われるハロウィンパーティの準備が進んでいた。その様子を見て音符集めのチャンスと仮装の支度をするトリオ・ザ・マイナー。
響、奏、エレンもハロウィンパーティで音符を探そうと仮装の準備を整える。しかし一人仮装はしないというアコ。そんなアコに奏が無理やりお姫様の衣装を着せ、四人はパーティ会場である加音町の広場へと向かう。アコのお姫様の姿を見てビックリの奏太。そんな奏太に照れてその場を離れるアコは、パーティを楽しむ町の人々と触れ合ううちに思わず笑顔がこぼれるのだった。と、アコの前に現れるトリオ・ザ・マイナーがカボチャの飾りをネガトーンにしてしまう。駆けつけた響、奏、エレンとともに、アコはプリキュアに変身!
一人果敢にネガトーンに攻撃するミューズ。しかしノイズの力でパワーアップしたネガトーンはその攻撃を簡単に跳ね返す。倒れこむミューズを守ろうと三人技で立ち向かうメロディたち。しかしファルセットの歌う不幸のメロディに力を回復したノイズの影響でクレッシェンドトーンが姿を消してしまう。必死で立ち上がるメロディ、リズム、ビートが力を合わせてファルセットの歌を止めさせると、ミューズは決め技でネガトーンを倒すのだった。無事、平和が戻った加音町。しかし遠く響く雑音に気づいた音吉はノイズの復活を心配するのだった。
閉じる

 

PAGE TOP