ストーリー

春、卒業を控えた中学3年生の伊純(いすみ)は悩んでいた。
不本意な成績で終わってしまった陸上の県大会。
あの時出せなかったパーソナル・ベストを出したい。
このままでは東京へ転校なんてできない。
伊純は、毎日放課後にタイムを測っていた。
だが、そんな伊純の行動は、県大会で勝った同級生へのあてつけだと周囲には受け止められていた。
卒業式当日、ふらりと辿りついた海で「時のカケラ」を拾った伊純の前には、見たこともない風景が広がる。
そしてポッピン族のポコンが現れる。ポコンは伊純と心が通じ合っている「同位体」だった。
伊純が迷い込んだ場所は「時の谷」。ポッピン族は、様々な世界の「時間」を司る一族。
ところが、その「時間」がキグルミという謎の敵のせいで、危機に瀕しているという。「時の谷」には、伊純と同じく「時のカケラ」をひろった少女たちがいた。

勉強のためなら友達なんかいらないという蒼(あおい)。
プレッシャーでピアノのコンクールから逃げだしてしまった小夏(こなつ)。
父のすすめる柔道と母のすすめる合気道のどちらも選べないあさひ。

みな悩みを抱えたまま「時の谷」へとやってきていた。
そして伊純と同様、その傍らには「同位体」のポッピン族がいた。彼女たち「時のカケラ」の持ち主が、心をひとつにしてダンスを踊ることで「時の谷」を守ることができ、元の世界に戻ることもできる。

だが5人目の少女、沙紀(さき)はみんなと踊ることを拒絶する。
「私は元の世界になんか戻りたくないから」。
その言葉に伊純の心はうずく。
「私だって元の世界に戻って前にすすめる自信なんてない」--。

解説

中学3年生の春、
悩みを抱えた少女たちが、奇跡の出会いを体験する。
住んでいる地域も、家庭環境も違う5人。
出会うはずのなかった彼女たちが、出会い、そしてぶつかりあう。
それは、それまで目をそらしていた自分の心と向かい合うこと。

様々な思いを抱えながらも、前を向いて進んでいこうとするヒロインたちを演じるのは、
瀬戸麻沙美
井澤詩織
種﨑敦美
小澤亜李
黒沢ともよ
の5人。
そして、彼女たちのドラマチックなストーリーを、さらに盛り上げるのがダンスシーン。
3DCGを駆使した可愛らしくも華麗なダンスは、本作を語るときに欠かせない重要な要素のひとつ。

アニメという枠を超え、観客の胸に迫る、5人の青春ドラマ。
アニメでしか描くことのできない魅力的なダンス。
この2つが融合した本作は、アニメ映画の大ヒットが相次いだ2016年の掉尾を飾るにふさわしい爽やかなエンターテインメント作品となっている。

監督は『プリキュア』シリーズのダンス映像を多数手がけてきた宮原直樹。
アニメーターとしてキャリアを持つ宮原は、その後、CG畑に進み、本作で初のオリジナル作品を監督することになった。

キャラクター原案は、小説「キノの旅」や、TVアニメ『世界征服~謀略のズヴィズダー~』などで知られるイラストレーターの黒星紅白。
5人がダンスの時に着用するコスチュームも可愛らしく、幅広い世代のファンの心を打つ。

東映アニメーションが創立60年の節目に贈る最高の青春応援ストーリー。

(C)東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016

ストーリー
エピソード
キャラクター/
キャスト
スタッフ
主題歌/
挿入歌
リンク
作品トップ
PAGE TOP