ストーリー

占いを道楽にしてるグータラ親父、×五郎に代わって、八百屋の八百×を切り盛りしているのは息子のア太郎だった。その×五郎が死んで天国に行ってしまい、ア太郎は一人で八百屋を続ける決意をする。

ひょんなことから自分を慕うようになった弟分のデコっぱちを店員に、今日も忙しく働いている。

天国に行きそびれて居座りつづける幽霊の×(バツ)五郎や、ア太郎の弟分となったブタ松一家、タヌキの尻尾を持つココロのボス、ベランメエの言葉をしゃべるおかしなネコ・ニャロメといった連中がからんできて、町内では今日も騒ぎのタネは尽きない。

解説

赤塚不二夫の原作をもとに東映動画(現・東映アニメーション)が製作した、「任侠ギャグアニメ」の名作。高度経済成長期のエネルギーと失われつつあった下町情緒への憧れを背景に、義理と人情のドラマが、赤塚漫画ならではの過激な笑いとペーソスを交えて描かれる。放映が始まるや幼稚園児から大学生まで幅広い層の熱狂的な支持を得て、高い視聴率を記録。ニャロメやケムンパスなどのユニークなキャラクターは、世代と世紀を超えてアニメファンの心の中に生き続けている。

(C)赤塚不二夫・東映アニメーション

ストーリー
エピソード
キャラクター/
キャスト
スタッフ
主題歌/
挿入歌
リンク
作品トップ
PAGE TOP