ストーリー

山田きょうと山田あすは、まだ中学生と小学生の、ふたりっきりの姉妹。



父はギャンブルで借金を作って蒸発、母とは死別という困難のなか、決してふさぎこむことなく、明るく元気に毎日を送っています。

数年前に変わった法律のおかげで働けるようになったきょうは、中学校に通いながら新聞配達や家庭教師、時には臨時バイトも入れながら家計を支えています。

あすは家でご飯をつくったり、お掃除をしたり、家事全般を担当。お金もしっかり管理して、おねえちゃんを助けています。

そしてふたりの周りには、大家さんやお隣の小説家・三枝さん、銭湯のおばちゃんや商店街の人たちなど、見守ってくれるたくさんの人々がいます。



辛いこと、困ったこともたくさんあるけれど、ふたりにとっては何よりも、「妹が」「姉が」そばにいること、それがいちばん幸せなのです。



これは、築40年で風呂なし1K、家賃2万6000円のアパートに住むそんなきょうとあす、ふたりの姉妹の日常に起こるさまざまな出来事を、季節を追って描いていくハートフルストーリーです。



私たちがふだん見落としがちな大切なものを、ふたりが教えてくれるかもしれません。

解説

かずといずみ原作の漫画を丁寧に映像化した、ハートフルアニメの秀作。人生の苦難と向き合う姉妹を主人公にしているが、決して深刻さに偏ることなく、日々の暮らしに奮闘する姿を暖かなまなざしで描いている。支え合って生きる二人の絆は、きっと貴方の心にも届く、人生の応援歌になるはずだ。

©かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

ストーリー
エピソード
キャラクター/
キャスト
スタッフ
主題歌/
挿入歌
リンク
作品トップ
PAGE TOP