ストーリー

世界各地でダイヤモンドの盗難事件が相次ぎ、ついにマリネラ王国秘蔵のコレクションまでもが奪われてしまった。現場を調べるパタリロとバンコランを監視していたのは、超小型カメラを仕込んだクモ型ロボット。どうやら一連の事件は、何者かが裏で糸を引いているらしい。パタリロとバンコランは、パタリロの何の根拠もない勘によって日本へ飛び、そこでクモ型ロボットを製造した男を発見する。だが、真相を聞き出そうとしたその時、彼は一発の銃弾によって暗殺されてしまう。引き金を引いた男は、かつてバンコランの愛したジュニアにそっくりだった…。苦悩するバンコラン。嫉妬に悶えるマライヒ。物欲丸出しで騒ぎまくるパタリロ。事件の黒幕・タランテラの正体とは? 全世界を破滅させるという“スターダスト計画”を、ローズボーイズたちは食い止めることが出来るのだろうか?

解説

ギャグアニメの世界を引っ掻きまわしたあげく、ナンバーワンの地位に堂々と居座り、今も妖しい輝きを放ち続ける怪作『パタリロ』。その記念すべき劇場デビュー作がこれだ。とんでもなく手の込んだ画面作りやビアズリーを思わせる退廃的かつ美しい背景美術が、パタリロのうさん臭すぎる世界を否が応でも盛り上げる。原作の魔夜峰央氏は声優として出演し、自ら主題歌を唄い、しかもその歌をレコードにして全国で発売した。

(C)魔夜峰央・白泉社/東映アニメーション

ストーリー
エピソード
キャラクター/
キャスト
スタッフ
主題歌/
挿入歌
リンク
作品トップ
PAGE TOP